農園紹介

Farm introduction

「いちごぷらんと -ichigo plant- 」の名前の由来。

 工場に15年間勤め精密商品に携わり、​そこでは低価格で高機能な商品を安定生産する事を目標に

 日々取り組んでいました。その経験を活かして、いちご も美味しく品質の良いものをたくさん栽培して

 お客さんに満足して帰って貰いたいという思いがあり、【工場=plant】と名づけました。

開園への​ストーリー

​history

​工業高校を卒業後、1社目の工場に就職し安定生産への取り組みや生産管理、人員管理等を学びました。

2社目の会社では、新製品の立ち上げや新しい設備の導入に向けて、また改善作業に取り組みました。

この経験を活かして何か出来ないか迷う日々。自分に自信がある訳でもありませんでした。

そこで思い出したのが、今から10年前の母が亡くなる直前に貰った手紙に書かれていた言葉でした。

「いつのまにか成長したね」

​その言葉が少し自信になり、ちょうど父親の農作業を手伝い、妻の両親と話す農業経営の話を聞く中で

自分も農業を柱に、仕事が出来ないか?と考え、

みんなが好きな いちご でお客様の感想が直接聞ける、いちご園を開園しようと思いました。

退職後、滋賀県立農業大学校の就農科に1年間通い10人の仲間と共に農業経営を学び、2019年4月に就農。

現在3回目のシーズン。「また行きたいね。」と言って貰えるように日々頑張ります。

​毎年初収穫のいちごを母にプレゼントし今年もシーズンのスタートです。

設備

facitity
IMG_6149.HEIC

ビニールハウス

 温度調節を自動で行いいちごが好きな

​ 春の気候に近づける。

rogo.png

液肥混入装置

 自動で肥料を混ぜていちごに水をあげる為の

​ システム。(品種によって肥料濃度を変更する)

IMG_0107.JPG

UV-Bライト

 夜間苗にUV光を当てる事で、適度な刺激をあたえ

​ 病気にかかりにくい体にする。

IMG_8237.JPG

高設ベンチ

​ いちごを腰の位置で栽培でき、土から離す事で病気のリスクも下げることができる。

IMG_9823_edited.jpg

炭酸ガス防除装置

 炭酸ガスで苗を満たし、悪さをする虫をゼロにする。

 農薬を使わ無い等、メリットがある。

IMG_0103.JPG

​照明ライト

 

メディア

 media

2020.2     東近江市ケーブルTV 様
2020.4.18   日本農業新聞 様
2020.11,12号   滋賀プラスワン 様
2021.1.29   日本農業新聞 様
2021.2月号   東海ウォーカー 様